T&OHシステムとは
   概  要
  (1)システムの構造
  (2)真空管理装置
  (3)施工手順
  (4)損傷検知
  (5)補  修

 

T&0Hシステムは、廃棄物最終処分場の遮水工の損傷や漏水を、真空圧を利用して敏感に検知し、検知した際に廃棄物を取り除くことなく補修が可能な漏水検知システムです。

処分場の規模や形状に合わせて遮水工を200〜500m2 程度の大きさのブロックに区画割りします。各ブロックは通気・通水性のよいマットを挟んだ二重シートの袋構造とし、ブロックごとに真空管理や補修対策を行います。
 
※下記図の番号をクリックすると詳細がご覧いただけます。
 
 
【特 徴】
空気圧を利用しているため、小さな損傷でも敏感に発見できます。
  真空圧を利用して気密性を検査することで、シートの損傷を確実に検知します。
   
遮水工の品質検査手法としても有効です。
  シート接合部を含め、シート全体の品質検査をすることができます。
   
遮水シートの損傷を早期に発見でき速やかに補修できます。
  日常の埋立作業中や直後にも容易に検査できるため、早期に対応が可能です。
   
廃棄物を掘り起こすこともなく修復が可能です。
  管理ホースから止水材を送り込むことにより、袋構造の内部を不透水化するとともにシートの損傷部を止水します。
 
 
 
 
 
All Rights Reserved, Copyright(C)